英語教材の選び方
不自然な英会話教材レビューサイトに騙されないための予備知識。
英会話教材
英語教材TOP > 英語学習のヒント > 英語教材の選び方
  英語教材は基本的には初心者のためのものであり上級者にとっては不要なもの
  英語教材のレビューサイトは運営者の利益中心で動いているから注意が必要
  レビューサイトから商品を購入するときは、サイト運営者が信頼できるか確認を
英会話教材は役に立つのか
英語教材レビューサイトを運営している僕が、こんなことを言っていいものかはわかりませんが、ほとんどの人にとって英語教材は役に立たないものなのではないでしょうか。
書き間違いではありません。 英語教材は、ほとんどの学習者にとっては単なるお金の無駄遣いで終わる可能性が多い…。
当サイトをご覧になっている方の多くは、英語の勉強をしていて『英会話教材の購入を検討している』という心境にあると思いますが、 商品を購入する前にもう一度冷静になっていただきたいと思います。


そもそも英語教材や通信講座といった類は、英語が苦手な初心者や中高年など、ごく一部の人のために開発されたサービスです。 それを忘れてはいけません。 英語教材や講座の良いところは、学ぶべきことが体系化されていること、どうやって英語の勉強をしていけばいいのか分からない初心者をナビゲートしてくれるという点につきます。
そのような意味で、高校・大学時代とある程度の英語学習を続けてきて、それこそTOEICテスト500点くらいの実力になってくると、 わざわざ教材などに頼らずとも、市販の単語集で語彙を増やしたり、海外ドラマのDVDでリスニングしたりと、 身近なものを題材にして多様な英語学習をするほうが、はるかに効果的であったりするわけです。
英語教材レビューサイトへの不信
もちろん、英語教材すべてがダメだと言っているわけではなく、なかには理論的に筋の通った素晴らしい内容のものも多々あります。 しかし、一番売れている英語教材が一番優れている英語教材とは限りません。
ご存知の方も多いと思いますが、インターネット上で販売されている英語教材の多くは『アフィリエイト』というサービス形態によって紹介されています。 第三者のA君が英語教材レビューサイトを制作し、そこで英語教材を宣伝することによって、英語教材の開発元からA君にマージンが支払われるという仕組みです。
これらが意味することは、英語教材のレビューサイトでは、必ずしも優れた英語教材が紹介されるわけではないということ。 A君は優れた英語教材よりも、自分がより多くの利益を得ることができる英語教材を宣伝する可能性が否定できません。


というか、そもそもインターネット上においては『サイト制作者が本当に英語ができる人なのか』すらわからない。 英語ができなくてもホームページを作成するスキルさえあれば、英語教材レビューサイトをつくることは誰にだってできる…。 ようするに、あなたより英語力がないような人が英語教材のレビューをしているかもしれないのです。 レビューサイトから商品を購入するときは、サイト制作者がどれほど信用に足るかをよく調べてからにしましょう。
もちろん当サイトも例外ではなく、アフィリエイト形式で英語教材を紹介しているため、サイト制作者の僕が都合の良いように情報を操作しているのかもしれません。 当サイトの情報が信用できるかできないか…、それはあなた自身が判断してください。
また、手前味噌ではありますが、僕自身がアフィリエイトという世界を知り、 サイト制作の現場に身を置いてきた経験上『こんな教材レビューサイトは怪しい』というものを下記にピックアップしましたので、教材選びの参考にお役立てください。
売れるものならなんでもかんでも絶賛するタイプ
ともかくどんな英語教材でも褒めちぎるタイプのサイトには注意が必要です。
レビューサイト制作者は『英語教材を売りたい』という一心で、この英語教材はここがすごいとか、 たった10分の学習で簡単にできてしまう、今だけ期間限定19800円!とか、 英会話スクールに通うよりはるかに安い!とか、教材の悪い面は書かないで良い面だけを強く主張するのです。
これはもう何と言っていいかわかりませんね…。僕自身もレビューサイトを参考にして書籍など様々な商品を購入していますが、 こういった『なんでもかんでも誇張・絶賛する』サイトは信用しないことにしています。
アマゾンの商品を紹介しないサイト
アフィリエイトでレビューサイトを制作をしている人は、アマゾンで販売されている英語のサービスを紹介することには消極的です。 なぜかというと、たとえばアマゾンで1000円で販売されている英語の本を自分のサイト経由で売っても、その販売利益は10円程度にしかならないからです。 お金儲けのことしか頭にないサイト制作者は、絶対にアマゾンの商品を紹介しません。
彼らが10円そこらの利益のためには動くことはありません。 最低でも10000万円以上という、高額な英会話教材ばかりを自分のサイトで取り上げます。 高い商品を売れば、そのぶんだけサイト制作者に入ってくる利益も大きいからです。
SEOを重視したキーワードを詰め込んでいるサイト
英語教材に限らず、サイトのタイトルが不自然なレビューサイトがいくつもあります。
たとえば『英語教材・英会話教材の口コミおすすめ比較ランキング』とかいった長ったらしいタイトルのサイトは明らかに怪しい。 『口コミおすすめ比較ランキング』なんて日本語的にも無茶苦茶ですよね。
なぜこのようなタイトルをつけるかというと、 サーチエンジンで『おすすめの英語教材』だとか『英会話教材の口コミ』といったキーワードで検索する人が多いためです。 英語教材を真剣にレビューすることよりも、ともかく検索上位になってクリックさせたい、利益を得たいというサイト制作者の欲望のほうが優先されています。
さらに不自然なのは『英会話教材ランキング』というタイトルにも関わらず、人気ランキングがどこにも掲載されていないし 『英会話教材の口コミ』というタイトルにも関わらず、口コミ投稿がどこにもされていない…。 サイトのタイトルと中身が一致していない、そんなレビューサイトを僕は数多く見てきました。 だいたい教材の口コミを知りたいのであれば『知恵袋』で調べればいいだけの話です。



自分の英語力と相談して正しい選択を
まとめとして、TOEIC500点以上の英語力がある人は、わざわざ高額な英語教材を購入する必要はないということ。 英語教材は、英語の勉強をどのように進めていけばいいのかわからない初心者のためにあるものだということを再認識してください。
英語の基礎ができている人ならば、書店で購入できる安い参考書や単語集、海外ドラマのDVDなどを活用した学習のほうが効率的です。
それからレビューサイトから英語教材を購入するときは、そのレビューサイトの情報が信用に足るものかじっくりと吟味してください。


英語教材のなかには『1日5分で簡単に出来る』とか『ある日突然、英語が話せるようになっていた』とか、 なんとも魅力的なキャッチコピーで宣伝されているものもありますが、僕の知る限り、そういった英語教材を使って簡単に英会話をマスターしたような人はいないし、 もちろん、かつての僕自身も出来ませんでした。 英語教材というのは、あくまでもあなたの学習をサポートしてくれる素材に過ぎないのです。
英語教材全一覧
リスニング
会話・発音
英文法
英単語
リーディング
ライティング
TOEIC
幼児・子供
便利ツール
映画・ドラマ
英語学習のヒント
おすすめ学習順序
英語教材の選び方
TOEICテスト
リスニングの基本
英会話の基本
英文法の基本
英単語の基本
リーディングの基本
ライティングの基本