スピーキングの基本
瞬間英作文トレーニングや英会話スクール活用法について。
英会話教材
英語教材TOP > 英語学習のヒント > 英会話の基本
  TOEICで高得点をとっている人でもスピーキングが苦手という人が多い。
  英会話スクールへ通うタイミングは、ある程度の英語力が身についてから。
  簡単なフレーズを瞬間的に英語で話す『瞬間英作文』でスピーキング力を鍛える。
TOEIC高得点でも話せない人達
僕たちの多くは『外国人とコミュニケーション』できるようになるため、すなわち『英語を話す』ことができるようになるため英語の勉強をしています。 そのため、文法の勉強をしたり、たくさんの単語を覚えたり、あるいはTOEICで高得点を目指したりするわけです。
しかし、英語の読み書きはできても、正確に聞き取る=リスニングができても、英語を話す=スピーキングとなると素人同然という人が実に多いことに驚きます。


当然のことながら、英語を『知っている』ことと、英語を『使える』ことはまったくの別物です。 どんなに難解な英文を読み解くことができても、どんなに難しい単語を知っていたとしても、英語を話すことができなければ、僕たちが本来の目標を達成したことにはなりません。
スピーキングは、僕たちが英語学習をしていくうえで蓄積した知識を、外部にアウトプットする作業。 英語を『知っている』という状態から、英語を『使える』という状態にしていく、とても重要なことです。
インプットからアウトプットへ
参考書を使って英文法を学んだり、単語集を使って英単語を覚えたり、あるいはCDなどを利用して英語を聞き取る…。 これらはすべて自分の身体に英語を蓄積していく『インプット』の作業です。
これら『英語の知識』を、ただ頭の中に蓄積していくだけでは、いつまで経っても英語を『使える』ようにはなりません。 蓄積した知識を、音声器官などを通して外部に放出していく『アウトプット』の作業をすることで、英語を使える身体にしていく必要があります。 つまり、英語をアウトプットする=英語を話すためには、それなりの知識が既に蓄積されていることが前提となるわけです。


英語を話せるようになりたいからと、英語の基礎もできていない初心者が英会話スクールへ通い、まったく効果がなかったと嘆いている光景を目にしますが、 英語のインプット量が少ない状態で英会話スクールに通っても、ネイティブ講師とはうまく会話できないし学習効果も期待できない…、極めて非効率的な行為であると指摘しておきます。
英会話スクールやオンライン英会話といったネイティブとの会話サービスを活用するタイミングは、ある程度の英語力がついてからで十分です。
瞬間英作文トレーニング
相手が何を言っているかは正確に聞き取れるけど、自分が話すとなると上手くいかず、スムーズな会話が成り立たない…。
このような人は英会話スクールへ通う前に、まずは自分自身でできるだけ『スピーキング』の練習をしておくことをお奨めします。 具体的には『瞬間英作文』というトレーニングを進めていきます。 瞬間英作文とは、中学生でも知っているような簡単なフレーズを、瞬時に英語にして声に出していく練習のことです。


■ あの男性が話している言葉はフランス語ですか、ドイツ語ですか。
■ グランドを走っている子供たちは小学校の生徒でした。
■ このクラスでは山口君が一番早く走ることができます。


これらは、いずれも中学生レベルの簡単な英文ですが、果たしてどれだけの英語学習者が、このフレーズを瞬時に英語にして話すことができるでしょうか。 頭の中で単語をかき集めて、正しく文章を組み立てて…と、なんだかんだと考えているうちに、5秒から10秒ほどかかってしまうこともあるはずです。
多くの英語学習者は『こんな中学レベルの英語を話す練習など馬鹿馬鹿しい』と、 もっと実用的なもの、日常生活・ビジネスに役立ちそうなフレーズ集で『会話力』を磨こうとするけれど、 それがそもそもの間違いで、この程度の中学レベルのフレーズをパッ、パッと言えるくらいにならないと『流暢な英会話』なんて夢のまた夢でしょう。
瞬間英作文は、このような呆れるくらい簡単なフレーズを、瞬間的に何度も繰り返し声に出してアウトプットすることで、 英語で物事を考え、英語で大量の情報を処理する『英語体質』を作っていくトレーニングです。
英語教材全一覧
リスニング
会話・発音
英文法
英単語
リーディング
ライティング
TOEIC
幼児・子供
便利ツール
映画・ドラマ
英語学習のヒント
おすすめ学習順序
英語教材の選び方
TOEICテスト
リスニングの基本
英会話の基本
英文法の基本
英単語の基本
リーディングの基本
ライティングの基本